Find Yourself

サイトの強弱による「タイトル」の付け方と違い


サイトの現状や立場の違いによって記事タイトルをどのようにつけるのか、その違いについて解説します。

「キーワード語数」の変化

コンテンツの充実具合と訪問者の満足度が高くなるようなサイト作りをしていると、少しずつ複合キーワードの語数が少なくても上位表示できるように成長していきます。

これを一般的にはサイトの成長や強弱と呼んでいます。

例えば、はじめは3つのキーワードを使わなければ上位表示できなかったサイトが、徐々に2つのキーワードでも上位表示できるようになり、ゆくゆくはメインキーワードだけでも上位表示できるようになっていく。

といった具合に、サイトの状況によって使うキーワード語数は変化していくようになります。

「タイトル付け」の変化

サイトが弱いとき

サイト運営をはじめたばかりやアクセスを集める前の段階では、タイトルにキーワードをどんどん入れてSEO対策をしながら、検索エンジンからのアクセスを獲得できるようにしましょう。

そもそもサイトの認知度がないため、誰にも読まれないことを前提条件として、どうやったら効率良くアクセスを集められるかに徹します。

サイトが強いとき

サイトが成長して安定的なアクセスが集められるようになると、固定のファンやブックマークしてくれる人などがあらわれます。一定数の目に触れることがあらかじめわかっている場合は、キャッチーなタイトルを付けて、思わずクリックしたくなるようなキーワードを含ませたタイトルをつけるようにしましょう。

その際はサブキーワードの数を減らして、クリックされやすい言葉を使う方が優先されます。

タイトルは検索にヒットさせるための重要な要素ですので、サイトが弱いときはアクセスを集めるための生命線となります。

あなたのサイト状況と照らし合わせて、今、どんなタイトルの付け方をするのが最善策なのか検討してみてください。

別途、『「読まれる前提」と「読まれない前提」のタイトルに対する考え方の違い』もご参考ください。

関連記事

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ