Find Yourself

発信メディアを差別化させる「ずらし」テクニック

似たようなブログが量産されている世の中を尻目に、「ずらし」のテクニックを使ってあなたのメディアサイトの差別化を図りましょう。

「ずらし」とは?

同じようなブログを運営していて、同じようなキーワードを狙っている競合の特徴や性質を理解して、ずらしていくことです。

ビジネスをしていれば、競合やライバルという存在は常につきまとい、相手を知ることは当然必要な作業となります。

なぜ「ずらし」をするのか?

ほとんどの人たちが…

同じような目的でサイトを運営している」
同じようなサイトを作っている」
同じようなWPテーマを使っている」
同じようなノウハウを取り入れている」
同じような記事の書き方をしている」
同じような視点で物事を捉えている」
同じような思考をする」

ほとんどのAdSenseで収入を得るためにキーワードを狙っている人たちが「同じようなもの」を利用してサイト運営をしています。

こんなことから得られるものは当然のことながら、「同じようなサイト」になってしまいます。

材料は同じでも良いですが、思考だけは変えなければなりません。

なぜこんなことが起こるのか?

上記であげた「同じ特徴」で「同じ性質の人たち」が同じことを繰り返し行なっているから、こうしたカオス状態に陥ってしまうのです。

これはインターネット業界に限ったことではなく、どのような業界でも起こり得ることです。

例えば、ファッションの流行だとしたら、爆発的に人気になったスタイルが登場すると街では「同じような属性の人たち」が「同じような格好」をして歩いています。

そこに個性を感じるでしょうか? 差別化とは無縁の世界になってしまっています。

発信者の「特徴」や「性質」

発信者の多くを占めるであろう属性の「特徴」や「性質」のサンプルをまとめてみました。

・ Google AdSenseで月に数万~10万円稼ぎたい
副業レベルでやるぐらいの時間のかけ方
9割男性
・ 学生より社会人が多い
テーマやサービスなどに投資する気はない
・ 検証より人の答えを探してしまう

月収10万円を本気で狙いたいのであれば、こうした「特徴」や「性質」の人たちと同じことをしなければいい話なんです。

特に、ビジネスをする上で致命的な欠点「投資する気がない」という点です。ビジネスでは必ず投資が必要になります。これは金銭に限ったことではありません。

時にはマンパワーが必要になることもありますし、時間が必要になることもありますが、これらもすべて投資です。

「ずらし」のテクニック 例1

ここに1冊の本があります。「内容が素晴らしいけど売れない本」です。
そこで、「表紙デザインを変更」して、「本文を読みやすく改訂」し直して、「広告や宣伝方法も変更」して、再度売り出しました。
すると、あれだけ売れなかった本が飛ぶように売れるようになりました。

この例を読んで、あなたはどう思われますか?

「そんなにうまい話があるわけがない」

と思われたかもしれません。が、意外にこういったことはよくある話なんです。
むしろ、ここまで手を加えなかったとしても本についている帯を変えただけでセールス状況が一変したなんて話まであるくらいです。

「ずらし」のテクニック 例2

とあるお菓子屋さんの話。
「すごく美味しいけれど売れないケーキ」をまとめて買ってくれたお客様にサービスでケーキに合う様々なセットをお付けしただけで、あれだけ人気のなかった自家製ケーキの人気が高まり、その他の商品まで売れるようになった。

このように、既存の商品やサービスはそのまま変えなくても「まとめ買い特典」「セットサービス」など売り方を変えただけで、お客さまの目には違うものとして写るようになるのです。

「ずらし」のテクニックを反映させる

つまり「何か物を売りたい」と思うなら、お客さまの感覚は非常に複雑だということを理解しながら、同じ商品やサービスだったとしても、試行錯誤して色々な売り方を試してみることが大切です。

「同じ商品だから、売り方を変えても同じ…」

と考えてしまうのは売り手の勝手な思い込みでしかなく、努力を惜しんでいる過ぎません。

売り手の大半は、
「同じものならどうやって売っても売れ方は変わらない」と考える傾向にあります。

「売れるものはどうやっても売れる」とか、
「売れないものはどうやっても売れない」とか言うんです。

だとしたら本当にそうなのか?というと、そうではありません。

メディアサイトに置き換えて考えてみると、
記事コンテンツを作る上で発信者としてずらしていくことはアクセスを集めるためにとても重要です。

そもそもメディアサイトは「個人で運営するブログ」レベルではなく、「企業が運営するメディアサイト」としての立ち位置や
コンセプトで物事を捉えていこうとしていますので、存在自体がずらされているといえます。

このように既存のものを少し変化させて違った見せ方をしていくことが記事コンテンツ作りには求められています。

関連記事

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ