Find Yourself

WordPressをドメインのトップページへ移行する方法

「インストールURL」で設定したファイル名にWordPressが格納されているため、サイトアドレスだけではアクセスできない状態にありますが、それをアドレスのみで直接アクセスできるようにします。「アドレス直下にする」や「直下化」とも呼ばれる作業です。

直下化

http://cawati.com/wps → http://cawati.com/

必要なもの

FTPソフト(FFFTP)
初心者でも簡単にできるFTPソフト『FFFTP』の設定&使い方』にて詳しく解説しています。

ある方が便利なもの

TeraPad
Windows標準のメモ帳より多機能なフリーのテキストエディタです。
一度使いはじめるとその使い勝手の良さから、メモ帳には戻れないかもしれません。

手順と方法

1 WordPressの「管理画面」でサイトアドレスを変更

WordPressに「ユーザー名またはメールアドレス」と「パスワード」を入力し、ログインします。
左側メニューの「設定」→「一般」をクリックします。
サイトアドレス(URL)欄にあるアドレスの格納ファイル名部分(動画の説明の場合は「wps」)を削除し、「変更を保存」をクリックします。
注意WordPressアドレス(URL)のアドレスは変更しないでください。変更してしまうと元に戻せなくなる場合があります。

2 FTPソフトで「ファイルパス」を変更

FTPソフトを開き、サーバーへログインします。
「public_html」→「wps」へと進みます。(「wps」部分は設定によって異なります)
「index.php」というファイルをコピーします。
※コピーする先はデスクトップでもどこでも大丈夫です。あなたが作業しやすい場所へコピーを保存してください。

「index.php」ファイルを開きます。(TeraPadを使うとわかりやすいです。)
17行目の「’/wp-blog-header.php’」というところへ「/wps」を追記し、「’/wps/wp-blog-header.php’」にして保存します。
※「/wps」部分は設定によって異なります

3 「wps」内の「index.php」と「.htaccess」を移動

前項で保存した「index.php」ファイルを「public_html」へドラッグしてアップロードます。
「public_html」から「wps」へと進み、その中にある「.htaccess」というファイルをひとつ上の階層の「public_html」へ移動(またはコピー)させます。
※「wps」部分は設定によって異なります

4 「public_html」内の「default_page.png」「index.html」を削除

前項での移動先「public_html」(または「wps」のひとつ上の階層)にもともとある「default_page.png」と「index.html」という2つのファイルを削除します。
※「wps」部分は設定によって異なります

 

以上で作業は完了です。

これまで「http://cawati.com/wps」でアクセスしていたものが、「wps」部を除いた「http://cawati.com/」でアクセスできるようになり、本来のシンプルなサイトアドレスになります。

関連記事

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ