Find Yourself

cawatiのプロフィール

本業以外に複数の収入源を作って
自由を手に入れた生き方をしたいあなたへ

はじめまして。cawatiといいます。

僕のサイトをご覧いただいてありがとうございます。

僕は普段は専門学校で働く、職員です。

あるとき本業以外にビジネスをスタートさせ、
本業としての給料を得ながら、
それ以外に副収入を得るようになりました。

まったく未経験の状態から2日に1回の作業で
月収10万円に到達。

月に20万人以上が見るウェブサイトを
運営するようになりました。

そして現在、

本業の収入はもちろん、
広告収入やWeb運営事業など複数の収入源があり、
さらに今、別のキャッシュポイントも増やしています。

ウェブサイト運営のプロとして
有名芸能人も多数出演する某劇場のサイトを任され、
月に30万円を売り上げるまでになりました。

ここまで聞くと、

「簡単に副収入をあげられて、才能があるんだろうな」

と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

社会人なら疑問に思う「あるきっかけ」が僕を変えました。

少しだけ、
「あるきっかけ」との出会いをお話させていただきます。

天職なんてウソ【ダマされ惑わされた時代】

あなたにとって、天職とはなんでしょうか?

「好きなことを一生続けていける仕事にすること」

天職さえ見つけられれば
毎日が順風満帆で、
満たされた生活を送ることができる

と考えられてるかもしれません。

確かに一芸に秀でて、
天職を見つけられた人はいます。

メジャーリーガーのイチロー選手
ミュージシャンの葉加瀬太郎さん
小説家の村上春樹さん など…

世界で活躍する方々は自分の一芸を
仕事にして稼いでいます。

しかし、
仕事をする人全員が「好きなこと」を
一生続けられる仕事にできるとは限りません。

むしろ、そんな天職に巡り合わない人が大半です。

偶然、天職に就けたとしても、
それで一生食べていけるとは限りません。

というのも、
実際に天職についた僕は
悲惨な転落への道が待っていたからです。

好きな仕事についたら悪魔に命を売り渡した就職だった

僕は就職超氷河期といわれた時代に就職活動をして
派遣として働きはじめることが社会人としてのスタートでした。

「正規」ではなく「派遣」です。

それでも、好きなことに携われる仕事でしたので
イチオウ納得していました。

ですが、そこは僕にとって耐えがたい環境でした。

「無理難題を押し付けてくる上司」
「ストレスで胃に穴が空いて退職させられた先輩」
「仕事の文句と上司のグチを吐き出す場となる飲み会」

このような環境で仕事を続けていた僕も
極度の緊張感と激務から病気になってしまいました。

しばらく休んで復帰したものの、
その頃から考えることといえば、

「この仕事、一生続けるのか?」
「体調崩すのが本当に好きな仕事なのか?」

と、自分への問いかけばかりでした。

そんな時、

社会人になってから交流が減っていた
学生時代の友人から連絡がありました。

「少人数だけど同窓会やるから来てよ!」

というお誘いの連絡でした。

「自分の現状を話すのか…」

自慢できるようなことがない現状に、
参加は辞退しようと考えていました。

なにせ友人たちは大手大企業に就職していましたから。

それでも、顔だけ出してすぐに帰ろうと
しぶしぶOKの返答をしました。

しかし、そこで衝撃的なことを知ることになるのです。

起業という選択

同窓会に参加していた友人たちは想像通り、
大企業の中で出世の道を突き進んでいました。

「年収が800万円になった」
「ボーナスで100万円以上もらえる」
「家賃20万円以下には住みたくない」

僕には聞かされるすべてのことが
夢のような話でした。

かなりの劣等感の中、
いつ帰ろうか?とばかり考えていました。

そんな優秀な友人たちの中には会社を辞め、
独立した者がいました。

・ 飲食店を経営して莫大な利益を出した
・ 投資業で年収1億円を達成した

彼らも普通に就職活動をし、
新卒として会社員を経験してから
自分の「得意なこと」で起業していました。

僕には彼らの活躍が嬉しくありながらも、
遠い存在になるようで切なく感じました。

疎外感を感じながらも、
少しでも彼らに近づくために

僕にできることはなんだろうか?

と考え始めました。

そして、
僕も同じように「得意なこと」で起業しようと
意識するようになりました。

思い立って、すぐに取り掛かりました。

人との出会いに楽しさを感じることが多く、
初対面の人と話すことも得意だったことから
「出会いの場を提供」するビジネスを企画しました。

ホームページを作成し、テーマを決めて、
着々と準備を進めました。

友人にはマンパワーも資金も
協力してもらいました。

シミュレーションも行い、いざスタート!
したのにも関わらず、
思ったように人は集まりませんでした。

4ヶ月やって1円にもならず、
なにより利益率が3%と割に合いません。

たしかに人は集まりませんでした。
課題もあり、問題もたくさんありました。

しかし、この経験をへて、
仕事に対しての充実感はとてもありました。

自分でお金を稼ぐ経験をしたことは、
サラリーマンとして給料をもらうのとは
まったく違いました。

自ら決断し、
自ら仕事をして、
自らお金を稼ぐ。

「雇われる」ことから開放されなければ味わえない
おもしろさや楽しさをリアルに感じました。

過去の僕は他人の時間を生きるパーツだった

好きで得意なことや楽しくて好きなことを
仕事にしてみて感じたことは

「好きなことを仕事にできたとしても、
経済的に成功しなければ無意味。

ということです。

運良く天職が見つかったとしても
自分でお金を稼ぐスキルがなければ、
雇われ続けるしか選択肢はありません。

雇われ続ける限り、
稼ぐためのパーツ(部品)にすぎないのです。

パーツとしての役割が好きであれば、
すぐに辞めることはなく、継続はできます。

しかしそこに自由はないのです。

自分で稼ぐためのマシン(ビジネス)を作らなければ、
一度しかない人生を心から満喫することはできないと
気づかされました。

そうしなければ、

一生、給料に支配されながら、
自分にウソをつきつつ
貴重な時間を過ごさなければなりません。

そんなことに気づいてから…

「好きなことを仕事にする」
「上司からの評価を気にする」
「仕事を進めるために同僚のご機嫌をうかがう」
「天職を探す」
「やりがいを見出す」

こうした考え方から開放されました。

これらはすべて
会社にしがみつくための方法でしかありません。

あなたは会社で残業ありませんか?

就業時間は入社の時に決められていたはずですが、
いつのまにか定時で帰宅することの方が
珍しくなっているのがほとんどです。

僕がいた会社でも残業が当たり前でした。

たまに上司の気が向いた時だけ残業代をつける程度で、
それ以外なにもありませんでした。

例えば、
1日3時間残業しているとします。

1ヶ月に20日間、1年間では240日間です。

単純に計算すると、
年間の残業時間は720時間にもなります。

もし、定年までの約40年間続けたとしたら…

3年分以上は残業をして、
収入とは関係ないサービスへと
奪われていることになります。

自由な時間まで会社に与えてたまるか!

会社に与えるくらいなら、
自分で仕事をして、
銀行口座に稼いだ金額が直接振り込まれるようにしてやる!

ヒマな時間をお金に変えて、
精神的にも経済的にも自由な生活を送れるなら
こんなに効率のいいことはない!

先行きの見えない将来への不安も取り除ける!

これをきっかけに、
僕はインターネットを使って自分の力だけで
稼げるようになったのです。

その後の結果は、冒頭でお伝えした通りです。

メール講座でお伝えすること

僕はかっこいいセリフは言いません。

もし、僕が自分で稼ぐスキルを手にしていなかったら…
少ない給料に自分を納得させながら
会社のパーツとして今も過ごしていたでしょう。

考えただけで変な汗をかいてしまいます…

僕が何をしてきたかといえば、

インターネットを使って、
日々の暮らしの中で体験したことや得た知識を
お金に変えてきました。

それだけです。

ブログやメールマガジンを書くことに、
特殊な技術などは使いませんし、必要ありません。

少なくとも、そういった知識がまったくないところから
僕はスタートしてます。

簡単に稼げるとは言いませんが、
難しいことはありません。

僕のメール講座を通して、
あなたご自身の経験や知識を
お金に変えるスキルを身につけてほしいと思っています。

これからの時代に最も必要とされているスキルです。

言い換えれば、

「お金に左右されず」
「あなたの好きなことを自由にできて」
「健康的に過ごしながら」
「あなたの可能性を広げて選択肢を増やす」

自分の人生は自分でコントロールするべきです。

現時点では

「よくわからないけど、おもしろそう!」

と思ってもらえていたら十分です。

お伝えしたように、
僕は稼げるまでに紆余曲折、遠回りしてきました。

このサイトを訪れていただいたあなたには、
遠回りせずに最短で成功していただくルートを
メール講座で具体的に案内します。

読んでもらえるだけで、
「会社を辞めて独立する」程ではないまでも、
「自分で好きなときに稼いで自由な生活をする」
くらいのレベルには
到達できることがわかると思います。

僕が使ってきた時間と労力をギュッと凝縮して、
最短で成功できる秘訣を語っています。

もちろん読むのは無料です。

実際にそうなれると思いますし、そうさせます。
現に契約社員だった僕が実現しているので。

あなたにとって、お金を生み出し続けていくことが
当然な環境になっていくと思います。

最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございました。

cawati.com-banner-ver6








プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ