Find Yourself

記事作成のトリセツ「番号付きリストの使い方」

順番をつけた箇条書きにしたいときは「番号付きリスト」を使いましょう。

番号付きリストの作り方

  1. 番号付きリストに設定する文章の範囲を選択し、ツールバーの中にある「番号付きリスト」ボタンをクリック
  2. 改行してリストを増やすことができる
    1. tabボタンを押してインデントさせて項目をわけることもできる
  3. 広い範囲を選択して、選択範囲全体をリスト化することも可能

広い範囲を選択して番号付きリストを作る場合、「改行」された部分と「段落」で区切られた部分では結果が異なります。

「改行」と「段落」の詳しい説明については、『記事作成のトリセツ「引用の使い方」』にて解説しておりますのでご参考ください。

テキスト1からテキスト2へは「改行」、テキスト2からテキスト3へは「段落」でそれぞれを区切っています。全体を選択して、番号付きリスト化すると

このように「改行」で区切られた部分は同じ項目として認識され、「段落」で区切られた部分は別の項目として認識されます。

番号付きリストの解除方法

解除する範囲を選択してから、再度「番号付きリスト」ボタンをクリック

 

リスト化しなくても見た目に同じものを作れますが、リストボタンを使えば簡単に作ることができます

リストタグによって構造も整いますのでリスト化する時は必ず使うようにしましょう。

検索エンジン(クローラー)から見れば、リスト化されてきれいに箇条書きになっている文字列を記事の重要なキーワードと判断することができますし、正しく構造化された記事コンテンツを検索エンジンが敬遠することはありません。

SEO効果が絶大なものではありませんが、正しく構造化したサイトが正しい評価を受けるための積み重ねの1つとして利用しましょう。

関連記事

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ