Find Yourself

初心者でも簡単にできる「Google Search Console」の導入方法

「Google Search Console」を導入して、あなたのサイトのパフォーマンスを最適化しましょう。今よりも健全な状態を保ちながら、Googleに好かれるサイトを育てましょう。

「Google Search Console」を導入する理由

無料で高機能なツールが使える
・クローラー情報を確認できる
手動ペナルティを受けたかの確認とその対応ができる
・サイトのインデックス具合を確認できる
記事のインデックスを早められる

SEO対策として導入されることが大半ですが、他にも便利な機能が充実していて、それを無料で使えることが最大のメリットです。

「Google Search Console」にあなたのサイトを追加する

「Google Search Console」の公式サイト(https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja)へアクセスします。

※GoogleアカウントはAdSense導入時に取得していますので、アカウント取得が未完了の場合は「『GoogleAdsense』1次審査申込手順」をご参考ください。

① 「Google Search Console」へアクセス
② あなたのサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」をクリック

と進みます。

サイトの所有権を確認する

「おすすめの方法」と「別の方法」が表示されています。
所有の確認がとれれば、どの方法でもいいのであなたがやりやすいと思う方法を選んでください。

方法としては、「HTMLファイルをアップロード」「ドメイン名プロバイダを経由」「HTMLタグ」「Googleアナリティクス」「Googleタグマネージャ」があります。

今回は、「HTMLタグ」の方法で所有権を確認します。

metaタグを発行する

「HTMLタグ」を選択すると以下のようなmetaタグが発行されますので、コピーします。

<meta name=”google-site-verification” content=”XXX-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX” />

あなたのメディアサイトのWordPressにログイン

「管理画面」左側メニューの「外観」→「テーマ編集」をクリックします。

「ヘッダー(header.php)」を選択します。
子テーマを使っている場合は、子テーマの「ヘッダー(header.php)」を使いましょう。

コードの中にある </head> を探し、 </head> より上の行へ、さきほど発行されたmetaタグを貼り付けます。

「ファイルを更新」ボタンをクリックします。

所有権の確認

「Google Search Console」の画面に戻り、「確認」ボタンをクリックして「所有権が確認されました」と表示が出れば、導入は完了です。

XMLサイトマップの送信

メディアサイトに記事を書いてから、検索エンジンにインデックスされるまでの時間をより早く確実にするために、XMLサイトマップの登録作業をします。

XMLサイトマップの作成方法は次の項を参照してください。

① 「ダッシュボードページ」で「サイトマップがありません」をクリック
② 「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、XMLサイトマップのURLを入力
③ 「テスト」をクリック
④ 「テスト結果の表示」をクリック → エラーが見つからずに表示されればOK
⑤ 「テストを閉じる」をクリック
⑥ 「サイトマップの追加/テスト」をクリックし、XMLサイトマップのURLを再度入力
⑦ 「テスト」は完了しているので、「送信」をクリック

XMLサイトマップの作成方法

XMLサイトマップのURLを入力するには、別途、XMLサイトマップを作成する必要があります。

これだけは導入するべきメディアサイト運営に必要な15個のプラグイン』にて解説していますので、ご参考ください。

関連記事

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ