Find Yourself

葉巻を経験しない人が一度きりの人生で大損してる10のコト

「一度きりの人生だから・・・」とはよく言いますが、あなたは人生謳歌できていますか?

今のあなた、満足できてますか?

昨日も、今日も。同じことの繰り返しにストレスを感じていませんか?

小さくても新しいことがあなたの可能性を広げる

ストレスを感じて、「やけ食い」や「やけ酒」をしてしまうことはよくありませんが、なにか新しいことをはじめてみるキッカケにはいいタイミングです。

僕はとあるキッカケで葉巻に出会いました。

少しずつ勉強して3年目ですが、こんなに奥深く、繊細で、ダンディなものと出会えたことを嬉しく思っています。

実際に体験した葉巻で「得したこと」

めずらしがられる

タバコは一般的に吸っている人もいますが、葉巻を吸っている人はまずそこら辺にはいません。

僕が喫煙所に行ったとしても、アイコスや普通のタバコを吸っている人はいても、葉巻を吸っている人にはまず会いません。

そのくらい希少な存在です。

初対面の人に「タバコ吸われますか?」と聞かれ、

タバコは吸いませんが、葉巻は吸います。」と答えるとほぼビックリされます。

「葉巻っ?!」って(笑)

『タバコは嫌い』と言うと更に珍しがられる

「タバコも吸うんですか?」と続けて聞かれることもあるんですが、僕の場合、タバコは一切吸わないので、

タバコはむしろ苦手なんですよね」と返すと

『なんで?』といった反応が返ってくることが多いです。

同じものとか、タバコの強い版が葉巻と考えてる人が多いみたいですが、まったく別物です。

火をつけて吸うものとしては同じですが、「材料」「作り方」「吸い方」「値段」全然違います。

同じ走るものでも自動車とバイクが違うように、タバコと葉巻も違います。

どんなものか見せてほしいと言われる

タバコは街中や飲食店などで、特別に意識しなくても目にする機会はありますが、葉巻は見ようと思わなければなかなか目にする機会はありません。

「知り合いで吸ってる人がいる」と言われたことは、僕もまだ数える程度です。

なので、ほぼ間違いなく「見せてほしい」と言われます。

さらに興味がある人には「ひとつ、いただけますか?」とネダられます(笑)

覚えてもらいやすい

これだけ珍しいものなので、初対面の人の印象に残りやすいのは自然なことです。

葉巻もそうですが、僕が普段愛用しているシガリロも独特な甘い匂いがします。

これはタバコにはないものなので、香りが記憶に残りやすいこともあります。

ボス感がハンパなく出る

葉巻と聞いて思い浮かべることの中には、「マフィア」「ゴッドファーザー」「社長」「シュワちゃん」「大統領」などなど。

「渋いオジサマ」「余裕がある」「優雅」といったプラスのイメージばかりではなく、「悪そう」「えらそう」「不健康」などマイナスイメージもあります。

良くも悪くも共通してることとしては、大人な男としての味が醸し出されるわけです。

ボス的な雰囲気が出て、話す言葉にも説得力が出るようになるでしょう(多分)

吸うことに理由がある

フランス料理の食後の余韻を楽しむのに欠かせないものが葉巻です。

これは僕が葉巻を吸うようになったキッカケでもあるんですが、

美味しい料理美味しいワイン美味しいデザート美味しい葉巻すべてが揃ってはじめてフルコースが完成するんです。

「美味しい料理、美味しいワイン、美味しいデザート」までは理解できたんですが、そこに「美味しい葉巻」が加わることははじめて聞いた時、衝撃的でした。

実際、高級フレンチレストランには食後の余韻に葉巻を楽しむためのシガールームが併設されています。

決して無意味に吸っているわけではないんです。

食通っぽさが出る

葉巻を楽しむためには、美味しい料理やお酒が欠かせません。

特に美味しい葉巻を楽しむためには、葉巻選びと同じくらい美味しいお店を探したり、美味しい料理の作り方を研究したりします。

もちろんこれらを実践することが理想的ですが、こういった思考でいるだけでも「食通」っぽくなります。

僕が葉巻を紹介した知人はそれまでグルメにも葉巻にも縁遠い雰囲気でしたが、こうしたエピソードを伝えてから次に会った時には、今まで話すことのなかった「美味しいワイン」について身近な話題を話してくれました。

自然とレストランに詳しくなる

葉巻を吸うには、どこでも吸えるというわけではありません。

喫煙を取り巻く環境は日に日に厳しくなっていますし、葉巻はタバコよりも香りが強いので、例え喫煙OKの場所であっても断られることもあるくらいです。

そうなると、自然と行くお店を選ぶようになります。

葉巻を扱っている店や提供してくれる店、葉巻に合うお酒を出してくれる店など。

調べたり、実際に行ったりすることで特に意識しなくても勝手に詳しくなっていきます。

高級感

葉巻そのものも1本1000~3000円程度しますので、1日に何本も吸うものではありません。

歴史的に見てみても、キューバ産の最高級品は政府高官や外交の贈答品だったり、大統領に献上するものでした。

マヤ文明の時代でも、葉を巻いた原始的なタバコを神聖なものとして扱い、捧物の1つとしていました。

高級でありながら富の象でもあった葉巻は、今でこそ誰でも手に入れることができるチョット贅沢なものとなりましたが、贅沢な気分に浸れるのは変わらないですね。

大人のリラックス感を味わえる

ひとたび火をつけると、ものにもよりますが、吸い終えるまでに40~90分かかります。

そもそも時間に追われてあせって吸うものではありません。

火をつけるだけで、誰にも強要されない自分だけのリラックスした自由な時間を得られるのが葉巻の世界です。

慣れない場所で緊張しながらよりも、僕のオススメはおだやかな気持ちでノンストレスな場所がベストです。ゆっくり読書ができる空間にも似てますね。

まとめ

ここに挙げた10個の「得したこと」ですが、言い換えれば、葉巻に出会わなければ失っていただろう「損したこと」です。

葉巻に出会えたことで実際に得ることができました。あなたにはこれ以上の大きな得が待っているかもしれません。

一度きりの人生、色んな経験をしてみた方が断然お得です!

新しい世界へ一歩踏み出すのは勇気がいることですが、今後の人生をより良くできるチャンスかもしれませんよ。

コメントをお待ちしております

プロフィール

大学卒業後、外資系金融機関に就職。
その後、転職して専門学校の職員となった在職中に副業で収入を上げて起業。
 
効率よく稼ぐことに特化して、コンサルテイング活動に奮闘中。
 
初心者にもわかりやすく、迷うことなく進められる稼ぎ方を提案しています。

【実績】

2015年9月:
1ブログ106記事で月収10万円達成
2016年8月:
某劇場サイト運営で月収30万円稼ぐ